文無し(もんなし)の意味・関連語を解説。

文無し

文無しとは、全くお金がないこと、またはそういった人。

【年代】 江戸時代   【種類】 -

 

『文無し』の解説

文無しとは「一文無し」の略で、全くお金がないことや、全くお金を持っていない人のことをいう。文(もん)というのは昔の通貨単位である。一文を現代の価値に換算するといくらになるかは食品・衣料・給料などジャンルによって異なるため、単純比較出来ないが、一文は10円に満たないと言われる。つまり、文無しとは一文(10円)さえも持っていない(人)ということから、まったくお金がない(人)という意味で使われる。

スポンサードリンク

『文無し』の関連語

オススメ情報