スカンピン・素寒貧(すかんぴん)の意味・関連語を解説。

すかんぴん

Sukanpin

すかんぴんとは、とても貧しいこと。貧しい人を罵る言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 お金に関する用語・俗語

 

『すかんぴん』の解説

すかんぴんとは古く江戸時代から使われる言葉で、素寒貧と書けばわかる通り、大変貧しく、無一文で身に何もない様を表す。ただし、すかんぴんは単に貧乏であることを示すよりも、そういった人を罵ったり、自身がそうである場合に自嘲する言葉として使われることが多い。

スポンサードリンク

『すかんぴん』の関連語

オススメ情報