ビンバー・ビンベストの意味・関連語を解説。

ビンバー、ビンベスト

ビンバービンベストとは、貧乏を強調した言葉。

【年代】 1990年   【種類】 若者言葉・和製英語

 

『ビンバー、ビンベスト』の解説

ビンバーとは『貧乏』に英語で形容詞につけて比較級にする接尾語『-er』をつけたものである。同様にビンベストは『貧乏』に英語で形容詞を最上級にする接尾語『-est』をつけたもの。つまり、貧乏の活用形がビンボー>ビンバービンベスト(「お金がある>お金がない」という関係)ということである。また、ビンボーは貧乏の初期段階、ビンバーは貧乏の第二段階、ビンベストは完全な貧乏という使い分けもされるが、特にどういう状況がどの段階といった定義はない。

スポンサードリンク

『ビンバー、ビンベスト』の関連語

オススメ情報