ネットカフェ難民(ねっとかふぇなんみん)の意味・関連語を解説。

ネットカフェ難民

ネットカフェ難民とは、インターネットカフェを宿代わりにしている人のこと。

【年代】 2007年 【流行語大賞】 トップテン   【種類】 -

 

『ネットカフェ難民』の解説

ネットカフェ難民とは家賃が払えず住処を失い、インターネットカフェを宿代わりにして暮らす人のことである。日雇い労働(派遣)という雇用形態で働く若者に多く見られる。また、長時間勤務のため、自宅まで帰ると睡眠時間がなくなることから、職場近くのインターネットカフェで寝泊りする者もある。どちらにしても労働環境・雇用状況の悪さがもたらした産物であり、社会問題のひとつとして注目されている。また、ネットカフェ難民になる所持金もない人の中にはマクドナルドで仮眠するマック難民と呼ばれる人も増えている。
ネットカフェ難民は2007年流行語大賞トップテンに入賞。

スポンサードリンク

『ネットカフェ難民』の関連語

オススメ情報