ツンツルテン(つんつるてん)の意味・関連語を解説。

つんつるてん

つんつるてんとは、背丈に対して小さい衣服のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『つんつるてん』の解説

つんつるてんとは身長に対して短い丈の衣服や、そういった短い衣服を着ているさまをからかったり、自嘲する際に使う言葉である。つんつるてんの語源は丈が短いズボン(袴)は正しい寸法よりも上にあがることから、寸法が天に釣りあがる=寸釣天(つんつるてん)になったとされる。
また、坊主頭のことや一文無しをさしてつんつるてんという地域もある(ただし、これらはつんつるてんの語感からくるイメージで後付けされた意味と思われる)。

スポンサードリンク

『つんつるてん』の関連語

オススメ情報