びた一文(びたいちもん)の意味・関連語を解説。鐚一文

びた一文

Bita Ichimon

びた一文とは、僅かなお金のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『びた一文』の解説

びた一文の「びた」とは鐚銭(びたせん)という品質の悪い銭貨のことである。一文を単純に今の貨幣価値に換算することは難しいが、およそ10円に満たない程度とされている。ただし、鐚銭は一般の銭貨よりも価値が低いため、びた一文は一文にも満たない通貨ということになる。「びた一文持っていない(=僅かなお金すら持っていない)」「びた一文負けられない(=僅かな額も値引きできない)」といった使い方をする。

スポンサードリンク

『びた一文』の関連語

オススメ情報