時化る(しける)の意味・関連語を解説。

しける

Shikeru

しけるとは、景気が悪いこと。盛り上がらないこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『しける』の解説

しけるとは暴風雨で海が荒れるという意味の「しけ(海を舞台にしたドラマやドキュメンタリー番組で聞く「大しけ(おおしけ)」の“しけ”)」を動詞化したもので、もともとは風雨で海が荒れること、更に海があれて不漁であることを意味した。そして、この不漁という意味が転じ、不景気であることや金回りが悪いこと。更にそこから気分が盛り上がらないこと、格好や雰囲気がぱっとしないことをしけるというようになる(しけた面(ツラ)、しけた店などがこれにあたる)。
これと別に「白ける(しらける)」の略として、興ざめする、場の雰囲気が悪くなる(気まずくなる)こともしけると言う。

スポンサードリンク

『しける』の関連語

オススメ情報