内定長者(ないていちょうじゃ)の意味・関連語を解説。

内定長者

内定長者とは、複数の企業から内定をもらっている大学生のこと。

【年代】 2008年   【種類】 -

 

『内定長者』の解説

内定長者とは就職活動を受けた結果、複数の企業から内定をもらった大学生を意味する。就職氷河期と呼ばれるほど、就職難の時代が続き、大学側は内定をもらった学生に対する別会社の就職斡旋をしない傾向にあった。しかし、緩やかながらも回復の方向に向かっている経済状況、団塊世代が大量に退職したことによる労働者不足、さらにインターネットを使った個々の自由な就職活動により重複内定者が増加。こうした重複内定者を内定長者という。ただし、こういった時代にあっても内定がひとつももらえない学生もおり、就職活動に関しても格差が現れたという見方もある。

スポンサードリンク

『内定長者』の関連語

オススメ情報