干物女(ひものおんな)の意味・関連語を解説。

干物女

Himono Onna

干物女とは、様々な事柄で面倒臭がったり、適当に物事を済ませる女性のこと。

【年代】 2006年   【種類】 -

 

『干物女』の解説

干物女とは様々なことに対していい加減だったり、面倒臭がったりする女性のことで、“ひうらさとる”のマンガ『ホタルノヒカリ』からきた言葉である。『ホタルノヒカリ』では主人公の蛍が27歳であることから、干物女は20代後半~30代の女性に対して使われる。2007年7月には綾瀬はるか主演で日本テレビより『ホタルノヒカリ』がドラマ化され、干物女も流行語に。同年の新語・流行語大賞で候補60語にノミネートされた(ベスト10・受賞は逃している)。

【ホタルノヒカリでの干物女の具体例】
・メールの返事は短い&遅い
・簡単な食事なら台所で立って食べる
・休日はノーメイク&ノーブラ
・「めんどくさい」「てきとー」「ま、いいか」が口癖
・脱毛は夏だけ
・美容院はうっかりすると半年ほど行っていない
・忘れ物を取りに戻るときは、靴を履いたまま爪先立ちで家にあがる

スポンサードリンク

『干物女』の関連語

オススメ情報