行かず後家(いかずごけ)の意味・関連語を解説。いかず後家

行かず後家

Ikazugoke

行かず後家とは、適齢期を過ぎても嫁に行かない女性を嘲う言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『行かず後家』の解説

後家とは夫に死なれ、再婚をせずに独身でいる女性のことである。つまり、行かず後家とは何歳になっても後家さんのように嫁に行かない女性のことで、そういった女性を嘲う言葉である。行かずだけでも適齢期を過ぎても嫁に行かない女性を意味するが、後家をつけることで更に嫌みが込められている。なお、関西の一部では婚約中に死別・生別し、後家のようにしている女性を行かず後家、単に何歳になっても結婚しない女性を嘲うときは行かずと使い分ける地域もある(ただし、年を追うごとにこうした使い分けはなくなってきている)。

スポンサードリンク

『行かず後家』の関連語

オススメ情報