オタク(おたく)の意味・関連語を解説。ヲタク

オタク

オタクとは、特定の分野に関して強い興味を抱き、関連するものを収集したり、詳しく知ることに時間を費やす人のこと。

【年代】 1989年   【種類】 若者言葉

 

『オタク』の解説

オタクはアニメ愛好家が互いを二人称の「オタク」と呼びあうことから、コラムニスト中森昭夫が『漫画ブリッコ』の中でおたく族と名付けたことに由来する造語で、正しくはおたくと平仮名表記する。当時はほとんど普及しなかったが平成に入り、アニメ・マニアが仲間内で使用。当初は家(お宅)にこもって特定な趣味分野(アニメや漫画などメディアから発信されたサブカルチャーが対象の主)を追求する様をおたくと呼んだ。ただし、近年のオタクはイベントに出かけるなど家にこもっての活動とは限らず、当初のおたくとは意味合いを画する。また、2ちゃんねるを中心としたネットワークではヲタクという表記が使われる。ヲタクヲタと略して使われることが多く、『○○分野のオタク』を『○○ヲタ』、『オタクな学生』を『ヲタ学生』などバラエティーに富んだ使い方がある。更にオタクであることを隠して生活する人を意味する『隠れオタク』という言葉もある。

スポンサードリンク

『オタク』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク