ミス化繊(みすかせん)の意味・関連語を解説。

ミス化繊

ミス化繊とは、未婚女性のこと。

【年代】 1960年   【種類】 -

 

『ミス化繊』の解説

1960年頃、ビニールやナイロンといった化学化繊には虫がつかないとメーカーが謳っていたことから、まだ虫のついていない女性という意味で未婚女性のことをミス化繊と呼んだ。虫がついていないという意味から箱入り娘的なニュアンスにもとれるが、実際には行き遅れ、売れ残り的な意味合いで用いられた。
ミス化繊は直に死語となり、現在は全く使われていない。

スポンサードリンク

『ミス化繊』の関連語

オススメ情報