ミリオネーゼ(みりおねーぜ)の意味・関連語を解説。

ミリオネーゼ

Mirionêze

ミリオネーゼとは、年収1000万円以上の女性のこと。

【年代】 2005年   【種類】 和製英+伊語

 

『ミリオネーゼ』の解説

ミリオネーゼとは年収1000万円以上の女性のことで、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(以下、Discover)が2003年に女性向けビジネス本を翻訳する際、『ミリオネーゼになりませんか?』というタイトルで使った造語である。Discoverの定義では「自分の才覚による年収が1000万以上で、経済的にも精神的にも自立し、恋も遊びも楽しむおしゃれな女性のこと」となっており、玉の輿や親の七光りなど単にお金持ちというだけの女性や、自力で1000万円以上稼いでいても仕事だけの生活でプライベートがおろそかになっている女性は含まれない。2005年、ヒルズ族が注目される中、女性企業家もメディアで取り上げられるようになり、その際にミリオネーゼという言葉も普及した。
ミリオネーゼはシロガネーゼのもじりという解説を見かけるが、Discoverに問い合わせたところ、大金持ち・百万長者を意味する英語『millionaire(ミリオネア)』の女性形を作ろうという考えが発端で、イタリア語風にしようという案から生まれた言葉である。よってミリオネアのもじりと考えたほうが正しい。また、年収1000万円という定義に対し、なぜ『ミリオン(100万)』という言葉を使ったかだが、これはもともと「月収100万円」という考えからきており、後に年収1000万円という定義付けがされたためである。
なお、ミリオネーゼはDiscovrの登録商標となっています。

スポンサードリンク

『ミリオネーゼ』の関連語

オススメ情報