かかあ天下(かかあでんか)の意味・関連語を解説。カカア天下

かかあ天下

かかあ天下とは、妻の権力が夫より強い夫婦関係のこと。

【年代】 明治時代~   【種類】 -

 

『かかあ天下』の解説

かかあ天下とは妻が夫よりも権力がある場合に、その夫婦の力関係に対して使われる明治時代後期から普及した言葉である。
カタカナのカカア天下、漢字の嬶天下嚊天下、全て平仮名のかかあでんかといった表記もある。また、読み方についてもかかあてんかと読む地域もある。亭主関白の対というイメージからか『かかあ殿下』という表記を見かけますが、かかあ天下は「かかあの天下」の略であり、誤字になります。

スポンサードリンク

『かかあ天下』の関連語

オススメ情報