一ちゃん農業(いっちゃんのうぎょう)1ちゃん農業の意味・関連語を解説。

一ちゃん農業

Icchan Nougyou

一ちゃん農業とは、おじいちゃん、おばあちゃん、おかあちゃんのいずれか一人でする農業のこと。

【年代】 1968年   【種類】 -

 

『一ちゃん農業』の解説

働き盛りの男性が出稼ぎで不在となり、残された者のみで行う農業を『三ちゃん農業』と呼んだが、1960年代後半に入ると三ちゃんの中の一人だけで農作業を行う農家が現れ、これを『三ちゃん農業』のもじりで一ちゃん農業と呼んだ。
一ちゃん農業はおじいちゃん、おばあちゃんが体力的に限界で働けなくなり、おかあちゃん一人で作業をする農家を指すことが多い。他におかあちゃんはパートへ、更におじいちゃん、おばあちゃんのいずれかが体力的限界となり一人で作業を行ったというパターンもある。

スポンサードリンク

『一ちゃん農業』の関連語

オススメ情報