嬶・嚊(かかあ・かか)の意味・関連語を解説。

かかあ

かかあとは、妻や母に対する親しみを込めた呼び方。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『かかあ(かか)』の解説

かかあ(かか)は古代、蛇の意味で使われていた『かか』が時代とともに転意していき、庶民の間で母や妻という意味で使われた。ちなみに母(はは)も同じ語源である。古代、K音とH音の発音が曖昧であったために『かか』と『はは』の2種類が定着したとされる。
かかは漢字で「嬶・嚊」と書く。ただし、現代ではかかあと崩れた形では使われるが、かかそのものはほとんど使用されず、時代劇の中の「かか様」に見られる程度である。 また、かかの丁寧語『おかか』が崩れた『おっかあ』は現代でも使用される。

スポンサードリンク

『かかあ(かか)』の関連語

オススメ情報