家事ギャップ(かじぎゃっぷ)の意味・関連語を解説。

家事ギャップ

家事ギャップとは、夫婦における家事の負担の不公平。家事のやり方や考え方の違いのこと。

【年代】 2016年   【種類】 -

 

『家事ギャップ』の解説

共働きの夫婦が増える中、掃除、洗濯、料理(後片付け)といった家事を分担で行う夫婦が増えている。そんな中、家事の分担の際の負担の不公平さ、また家事に対する考え方ややり方の違いといったものを家事ギャップと呼ぶ。特に作業過程が把握しやすい食器の後片付けに関しては、やり方の違いや雑さ、水のムダ使いといった指摘が多く、洗剤を扱うLIONの調査では妻の3人に1人が夫の後片付け後にやり直しているという結果も出ている。

スポンサードリンク

『家事ギャップ』の関連語

オススメ情報