宿六(やどろく)の意味・関連語を解説。

宿六

Yadoroku

宿六とは、妻が夫を罵る際に使う言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 略語

 

『宿六』の解説

宿六とは「宿の碌でなし(ろくでなし)」の略で、『宿』は妻が夫のことを他人に言う際に使う俗称である(現代だと『あの人』『うちの人』など)。つまり、宿六とは仕事をしない甲斐性なしの夫など、ろくでなしな夫を妻が他人に罵る際に使う言葉である。馬鹿亭主など、こうした夫を罵る言葉は時折親しみを込めて使われることもあるが、宿六も同様に親しみを込めて使われる場合もある。

スポンサードリンク

『宿六』の関連語

オススメ情報