シャッター通り(しゃったーどおり)の意味・関連語を解説。

シャッター通り

シャッター通りとは、衰退した通り(商店街)のこと。

【年代】 1998年   【種類】 -

 

『シャッター通り』の解説

シャッター通りとは閉店・撤退のため、シャッターを下ろしたままの店や事務所が多い通り(=衰退した通り)を意味する(商店街に限定した場合、シャッター商店街ともいう)。シャッター通りが出来る要因としては、炭坑街のように町の機能低下による人工そのものの減少の他、大型店の出店などによる客の流出が要因となることも多い(特に大規模小売店舗法の改正以降は、後者が要因のシャッター通り化した商店街が少なくない)。

スポンサードリンク

『シャッター通り』の関連語

オススメ情報