成田離婚(なりたりこん)の意味・関連語を解説。

成田離婚

成田離婚とは、新婚旅行中や旅行前のトラブルが原因でする離婚のこと。

【年代】 1990年   【種類】 -

 

『成田離婚』の解説

成田離婚とは新婚旅行や旅行前の空港でのトラブルが原因でする離婚のことである。お見合いで結婚し、新婚旅行で相手の意外な一面を知り離婚に至るというケースは想像出来ると思うが、むしろ以下のような原因が話題となり、成田離婚という言葉は浸透した。結婚前、金銭面・時間面で自由がきき海外旅行慣れした新婦、仕事に追われ新婚旅行が初の海外という新郎。そんな二人が無事挙式を済ませ新婚旅行に向かったはいいが、海外旅行慣れしていない新郎の出航前の段取りの悪さや海外でのあたふたした様子に愛想をつかし、新婦が帰国後離婚を切り出すといったものである(成田離婚が話題になった当時は愛想をつかして一人先に帰国した新婦や出航前の空港で離婚を決意して旅行を取り止めた新婦が取り上げられたりもした)。また、成田離婚回避を目的とした新郎向けに、タクシーの乗り方からレストランのオーダーまで体験出来る「新婚旅行下見ツアー」というパッケージが企画・実施され話題になった。
1997年10~12月には草薙剛、瀬戸朝香主演で『成田離婚』(フジテレビ)という連ドラもあったが、言葉としてはこれが最後のピークで、以降『スピード離婚』という言葉にまとめられる形で死語化している。

スポンサードリンク

『成田離婚』の関連語

オススメ情報