輝き離婚(かがやきりこん)の意味・関連語を解説。

輝き離婚

Kagayaki Rikon

輝き離婚とは、「輝くために」または「輝いている間に」する離婚のこと。

【年代】 2003年   【種類】 -

 

『輝き離婚』の解説

輝き離婚とは後の人生を輝いたものにするための離婚のことで映画プロデューサー黒沢久雄(故黒澤明監督の長男)とタレントの林寛子が離婚に際して交わした以下のセリフが元となる。
久雄:離婚したら今より輝けるのか?
寛子:輝くと思う
久雄:じゃ、いいよ。お互い自由になったらいい友達になれるだろう
このやりとりからワイドショーが二人の離婚を輝き離婚と呼ぶようになった。後に輝き離婚は定年離婚や濡れ落ち葉離婚の対語として、夫の定年まで待つのでなく女性として賞味期限切れになる前にする離婚という意味でも使われるようになる。

スポンサードリンク

『輝き離婚』の関連語

オススメ情報