ホワイトカラー(ほわいとからー)の意味・関連語を解説。

ホワイトカラー

ホワイトカラーとは、事務職や設計などのデスクワークをする人。

【年代】 昭和時代~   【種類】 カタカナ英語

 

『ホワイトカラー』の解説

ホワイトカラーとは英語"white-collar"からきたカタカナ語で、事務職や設計など、主にデスクワークに従事する人のこと。ホワイトカラーという言葉は以前から使われていたが、人材派遣会社やアウトソーシングが普及する中で2004年、特に浸透した言葉である。ホワイトカラーという言葉が使われ始めた1920年代のアメリカでは、現場労働者が水色またはネイビーブルーのシャツを着ていたのに対し、デスクワークをする人は伝統的な白いシャツを着ていたことからホワイトカラーと呼ばれるようになる。ただし、ホワイトカラーのカラーが"color(色)"ではなく、"collar(襟・えり)"ということからもわかるように、特に襟の色を指した言葉である。

スポンサードリンク

『ホワイトカラー』の関連語

オススメ情報