スチールカラー(すちーるからー)の意味・関連語を解説。

スチールカラー

Suchîru Karâ

スチールカラーとは、産業ロボットのこと。

【年代】 1992年   【種類】 -

 

『スチールカラー』の解説

労働者の種類を従事るす職によって変わる襟(collar)からブルーカラー、ホワイトカラー、更にその派生語としてゴールドカラー、ピンクカラーなどと呼ぶがスチールカラーもその一種である。ただし、他のカラーが職種やその職種に従事する人を指すのに対し、スチールカラーは職種や人ではなく、その襟の色が示す通り、鋼鉄製のもの、つまり産業ロボットを意味する。バブルが崩壊後、大幅なリストラとともにオートメーション化が叫ばれた。そんな中でスチールカラーという言葉も使われた。

スポンサードリンク

『スチールカラー』の関連語

オススメ情報