ヒラリーマン(ひらりーまん)の意味・関連語を解説。

ヒラリーマン

Hirarîman

ヒラリーマンとは、何の役職もないサラリーマンのこと。

【年代】 2005年   【種類】 合成語

 

『ヒラリーマン』の解説

ヒラリーマンとは役職についていない一般社員を意味する「平社員」と「サラリーマン」から成る合成語で、役職についていないサラリーマンを指す(平社員と同義)。ヒラリーマンが使われ始めた時期・出所などは不明だが、広く普及した要因は2005年の衆議院議員総選挙(俗にいう郵政解散に伴う総選挙)で小泉チルドレンとして初当選した杉浦大蔵議員による。当選後のインタビューで自らを「地味なヒラリーマンだった」と称したことから世代を超え、広く知られる言葉となった。また、これを略してヒラリーともいう。

スポンサードリンク

『ヒラリーマン』の関連語

オススメ情報