卒サラ(そつさら)の意味・関連語を解説。

卒サラ

卒サラとは、定年退職または独立起業などで会社勤めを辞めること。

【年代】 1997年  【種類】 -

 

『卒サラ』の解説

卒サラとは卒業とサラリーマンの合成語だが、「脱サラ」のもじりとして出来た言葉とも考えられる。卒サラはもともと定年退職の「会社に行けなくなり、やることがなくなる」といった暗いイメージを払拭し、卒業という言葉を使うことで「新たなスタート」というイメージを与える言葉であった。ただし近年、独立起業したり、株で生計を立てるようになって会社を辞めるなど、脱サラと同意に使われることが増えている。

スポンサードリンク

『卒サラ』の関連語

オススメ情報