生臭坊主(なまぐさぼうず)の意味・関連語を解説。

生臭坊主

生臭坊主とは、怠け者のこと。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『生臭坊主』の解説

生臭坊主とは怠け者のことで、そういった人を嘲う言葉として江戸時代から使われている。ちなみに本来の生臭坊主の意味は戒律を守らない坊主(僧侶)のことである。仏門の身である僧侶は、魚や鳥獣類の肉といった生臭物を口にすることは禁じられている。こうした戒律を守らず、生臭物を食べる僧侶を生臭坊主と呼び、転じて修行やお勤めをさぼり、金策のことばかり考えるような僧侶のことも指すようになる。ここから一般でも怠け者に対して生臭坊主と呼ぶようになった(現代では本来の意味を知らず、「なまぐさ」という語感から怠け者の意で使っている人も多い)。

スポンサードリンク

『生臭坊主』の関連語

オススメ情報