ウダウダ(うだうだ)の意味・関連語を解説。

うだうだ

うだうだとは、どうでもいいことをいつまでもしたり、言ったりするさま。

【年代】 -   【種類】 -

 

『うだうだ』の解説

うだうだとはどうでもいいことや無意味なことをいつまでもしたり、言ったりする様を表す。ただし、この無意味・どうでもいいことというのは曖昧であり、仮に当人は真剣に語っていても、聞き手が無意味な話しと捉えれば、くだらない話しをうだうだしていたということにもなる。
動詞として使う場合は「うだうだする」「うだうだ言う」となる。また、うだうだの動詞的意味を持つ言葉に「うだつく」があるが、一方が他方の派生語として出来た言葉なのか、同じ語源(または別の語源)からそれぞれ別に出来た言葉なのかは不明。

スポンサードリンク

『うだうだ』の関連語

オススメ情報