坊主読み(ぼうずよみ)の意味・関連語を解説。

坊主読み

Bouzu Yomi

坊主読みとは、意味もわからず、お経のようにただ読む読み方のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『坊主読み』の解説

坊主読みとは僧侶(=坊主)がお経を読むように、意味もわからず、字面だけを追ってただ淡々と読み上げるさま、そういった読み方をいう。坊主読みはそういった読み方に対し、嘲う意を含んでいる。

※「僧侶がお経を読むように、意味もわからずに・・・読み上げる」というのはあくまでイメージであり、実際に僧侶がお経の意味を知らないということではありません。

スポンサードリンク

『坊主読み』の関連語

オススメ情報