やっつけ仕事(やっつけしごと)の意味・関連語を解説。

やっつけ仕事

Yattsuke Shigoto

やっつけ仕事とは、適当に仕上げる仕事の仕方。そういったやり方で済ませた仕事のこと。

【年代】 -   【種類】

 

『やっつけ仕事』の解説

やっつけ仕事とは真剣に行うわけでも、技能を投じるわけでもなく、適当に表向きや形だけ完成させる仕事の仕方及び、そういったやり方で済ませた仕事のことをいう。仕事を始めた段階や途中までは真剣に取り組んでいても、最後に面倒くさくなったり、早く仕事を切り上げるため、適当に済ませてしまった場合、やっつけ仕事に入る。また、ここから小説やマンガなどストーリー性のある作品の中で、急な展開で強引に終わらせたようなものを「やっつけ仕事(な作品、な終わり方)」という。やっつけ仕事はやり終えた仕事のやり方に対して使う言葉であり、これから取りかかる仕事に対して「この仕事はやっつけ仕事で片付けよう」といった使い方はしない。

スポンサードリンク

『やっつけ仕事』の関連語

オススメ情報