アキバ系(あきばけい)の意味・関連語を解説。秋葉系・あきば系

アキバ系

Akibakei

アキバ系とは、秋葉原の文化を好み、秋葉原に集う人のこと。

【年代】 2004年   【種類】 -

 

『アキバ系』の解説

アキバ系とは秋葉原独特の文化を好み、秋葉原に集う人のことを指す。秋葉原が家電の街からPC(周辺機器)・ゲームの街へと変貌するに際し、オタクの街というイメージが定着する。これに伴いPC系やアニメ系のオタクをアキバ系と呼ぶようになる。ただしオタクはアキバ系よりも広義なためオタク=アキバ系ではない。また、平仮名のあきば系や漢字の秋葉系という表記も使われるが、カタカナ表記のアキバ系が最もポピュラーである。更にオタク文化(アキバ系が好むショップなど)が秋葉原同様に中野でも増えており、中野系(ナカノ系)という言葉も使われる。今後全国各地で○○系といった形でアキバ系は点在するであろうとの見方もある。

スポンサードリンク

『アキバ系』の関連語

オススメ情報