なつマン(なつまん)の意味・関連語を解説。

なつマン

なつマンとは、「懐かしいマンガ」の略。

【年代】 1992年   【種類】 略語、若者言葉

 

『なつマン』の解説

なつマンとは「懐かしいマンガ」の略で、1980年代後半辺りから行われたリバイバル版のマンガに対して使われた言葉である。ちなみに、リバイバルされた懐かしいアニメのこともなつマンという(「なつアニ」とは言わない)。当時、横山光輝の『鉄人28号』など、1950~60年代に発売されたマンガを対象になつマンと呼んだが、年を追うごとに発売時期と懐かしいと言われるまでの期間が短くなっている。どちらにしてもなつマンという言い回しは使われなくなり、死語となっている。

スポンサードリンク

『なつマン』の関連語

オススメ情報