カマトト(かまとと)の意味・関連語を解説。

かまとと

Kamatoto

かまとととは、知っているのに知らないフリをすること。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

 

『かまとと』の解説

かまとととは女性が世間知らずを装うために言った「カマボコはトト(魚)から出来ているの?(文句の内容は諸説あり)」という文句から出来た言葉で、知っているのに知らないフリをすることである。幕末の花柳界で普及したことから女性を対象に使われたかまととは、後に「うぶを装うこと」や「うぶな人(この場合『かまとと女』ともいう)」という意味で使われるようになる。一旦は死語となったかまととだが、宝塚歌劇女優の楽屋言葉(ヅカ言葉)として使われていたことから、現代に受け継がれた。また、ぶりっ子と一緒に「かまととぶりっ子」という言い回しで使われることも多い。

スポンサードリンク

『かまとと』の関連語

オススメ情報