雇われママ(やとわれまま)の意味・関連語を解説。

雇われママ

雇われママとは、経営者は別に存在する雇われたママのこと。

【年代】 昭和時代   【種類】 -

 

『雇われママ』の解説

まず、ママとはスナックやクラブにおける一番責任のある女性のことで、店の経営権を持つ女性を指す。次に雇われママとは経営者は別に存在し、経営者によって店を任されたママのことで、ママが個人経営のスーパーの店長に対し、雇われママはチェーンスーパーの店長的な関係になる。
雇われママの収入は経営者側との交渉で定められた定額報酬の場合や売上の○%といった契約率の場合がある。どちらにしても経営状況が思わしくなければ交代させられるため、店の売上が進退に大きく関わる。

スポンサードリンク

『雇われママ』の関連語

オススメ情報