チョバチョブ(ちょばちょぶ)の意味・関連語を解説。

チョバチョブ

チョバチョブとは、最悪なことがあり、とても憂鬱なさまを意味する感嘆詞。

【年代】 1996年  【種類】 若者言葉、コギャル語・ギャル関連略語

 

『チョバチョブ』の解説

チョバチョブとは「超 bad 超 blue」の略で、チョベリバとチョベリブの合成語にあたり、「最悪で悲惨な状況」「最悪な事態にとても憂鬱」といった意味になる。チョバチョブは他のチョベリバなどと同様、1990年代後半にコギャルの間で使われたコギャル語で、現在はあまり使われることのない死語となっている。なお、チョベリブよりも悲惨な状況のときに使われる語で、チョバチョブ>チョベリブという関係になる。ただし、普及度の点では当時からチョベリブより低い。

スポンサードリンク

『チョバチョブ』の関連語

オススメ情報