バレバレ(ばればれ)の意味・関連語を解説。

バレバレ

Barebare

バレバレとは、当人は隠しているつもりだが、周囲には気づかれているさま。

【年代】 -   【種類】 -

 

『バレバレ』の解説

バレバレとは秘密・嘘・悪事などが露顕することを意味する俗語「ばれる」の畳語(註参照)である。畳語にすることで「ばれる」の意が強調され、当人は隠しているつもりでも周りはそれに完全に気付いているさまを表す。他者が揶揄する際に使うことが多いが、当人が自分の隠し方が下手で、恐らくばれているであろう状況を自嘲する際に使うこともある。

註:畳語とは同じ音を繰り返す言葉で、「いらつく」の畳語は「イライラ」、「むかつく」の畳語は「ムカムカ」。意味を強調するために畳語にすることが多い。

スポンサードリンク

『バレバレ』の関連語

オススメ情報