ネタ(ねた)の意味・関連語を解説。

ネタ

ネタとは、品物・商品のこと。

【年代】 江戸時代   【種類】 倒置語

 

『ネタ』の解説

ねたとは「生活の糧」を意味する「飯の種」などに見られる『種(たね)』の倒置語(ハワイをワイハーというようなひっくり返していう言葉)で、古く江戸時代から的屋が商売の糧となる「商品」のことをねたと呼んだ。ここから、各職業や商売において、店にとっての「商品」のように核(糧)となるものをねたと呼ぶ。

[1] ネタとは芸人にとって核であるギャグやオチ、トーク内容など笑いのツボとして仕込まれたもののこと。インターネット上ではここから派生した、人の気を引くためや面白おかしくするための「作り話」という意味でも使われる。

[2] ねたとは寿司屋にとって店の要である魚などシャリ(米)の上に乗せる具のこと。

[3] ネタとは警察にとって重要な犯人逮捕のための「証拠(情報)」のこと。

[4] ネタとは報道記者にとっての糧である「記事(情報)」のこと。

スポンサードリンク

『ネタ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク