臭う(におう)・匂う・ニオうの意味・関連語を解説。

臭う

臭うとは、なんとなくそう感じること。なんとなく予感がすること。

【年代】 -   【種類】 -

 

『臭う』の解説

臭うとは本来、嗅覚で何かしらの臭いを感じていることを意味するが、これとは別に何となくそう感じる場合、何となく予感がする際にも臭うといい、刑事ドラマなど、さまざまな場面で用いられる。これは嗅覚が直接食品に触れなくても、その安全確認ができ、腐敗している場合はそれに感づくことがあったり、臭いから気象が予測できるといったことからきている。
例えば、「あの男が犯人のような気がする」と言う代わりに「あの男が臭う」といった使い方をする。

スポンサードリンク

『臭う』の関連語

オススメ情報