むちゃぶり・むちゃブリ・ムチャぶり・ムチャブリ・無茶ブリ・無茶振りの意味・関連語を解説。

むちゃぶり

Muchaburi

むちゃぶりとは、漫才、トーク番組において、会話やネタを相手(他人)任せにし、強引に振ること。

【年代】 2007年   【種類】 -

 

『むちゃぶり』の解説

むちゃぶりとはもともと漫才で使われる振りの一種。通常、漫才では仕込んだ話しの流れに沿ってネタを振り、ボケやツッコミを行う。これに対し、仕込んだネタとは全く違う流れに話しを広げ、(収拾がつかなくなった状態で)オチを相方に強引に振ることをむちゃぶりという。後にトーク番組でも、トークに行き詰まった際に、前後の脈略なく、他人任せで会話を振ることなど、他者に強引に会話やネタを振ることをいう。2007年には、くりぃむしちゅーの有田哲平がレギュラー出演するバラエティ番組「むちゃぶり!」や関ジャニ∞がレギュラー出演する番組「おもてなし音楽バラエティむちゃ∞ブリ(こちらはゲストに無茶なお願いをするというコンセプトであり、ここでいうむちゃぶりとは意味が異なる)」が放送開始。一般にも普及。

スポンサードリンク

『むちゃぶり』の関連語

オススメ情報