ベタ記事(べたきじ)の意味・関連語を解説。

ベタ記事

Beta Kiji

ベタ記事とは、新聞の下段にある一段記事のこと。

【年代】 -   【種類】 TV・ラジオ・出版関連の用語

 

『ベタ記事』の解説

ベタ記事とは新聞の下段(広告のすぐ上)にある一段にまとめられた記事のことである。ベタ記事の『べた』とは「ありきたり」「特別でない」といった意味を持ち、ベタ記事とは上部で紙面を埋めている通常の記事に対し、特殊性やスクープ性が少ない記事といった意味になる。
しかし、これら下段に追いやられたベタ記事に注目する人も少なくない。特に経済欄を読む人に多いが、何気なくベタ記事で報道されている内容が、後に大きな経済の動きへと発展する前兆であったり、一般的にはスクープ性が低くても個々のビジネスでは大きな影響力を持つ記事が潜んでいるためである。また、通常の記事はテレビやインターネット、人との会話などで情報を入手出来るが、ベタ記事にはそこでしか得られない情報があり、独自の話題作りのために読んでいるという人もいる。ベタ記事を読むことを薦めているビジネス本やマニュアル本もあるが、ベタ記事は決められた少ない枠の中で書かれているため、読む側も想像力など、それ相当の技術を必要とすることは確かである。

スポンサードリンク

『ベタ記事』の関連語

オススメ情報