天然・天然ボケ(てんねんぼけ)の意味・関連語を解説。

天然・天然ボケ

Tennenboke

天然とは、当人は笑わせる気がないのに、言動がずれていて面白いこと(人)。

【年代】 2002年   【種類】 若者言葉

 

『天然・天然ボケ』の解説

天然とは1980年代から芸人を中心に普及した天然ボケの略で、特に笑わせる気はないが、話しの内容や行動がずれていて面白いこと、またはそういった言動をする人を指す(芸人(漫才)のボケとは本来笑わせるために計算された人工的・人為的なものである。それに対する言動ということから天然ボケと呼ぶ)。天然と略した形では1990年代末辺りから使われるようになり、同時に仲間内など一般の身近な人を対象にしても使われるようになる。また、天然アイドル天然野郎天然娘など多くの言葉が生まれている。

スポンサードリンク

『天然・天然ボケ』の関連語

オススメ情報