独身貴族(どくしんきぞく)の意味・関連語を解説。

独身貴族

独身貴族とは、独身の気楽なさまを羨む(または揶揄する)言葉。

【年代】 1977年   【種類】 -

 

『独身貴族』の解説

独身貴族とはお金・時間が自由に使える独身者を揶揄する言葉である。もともと独身貴族は親元に暮らし、生活費は親任せで、給料を趣味や余暇、ファッションなど自分のために使える若い独身者を指した。しかし、既婚者から見れば、そうした金銭的な贅沢以外にも独身というだけで自由な点が多く、後に一人暮らしをする独身者や離婚して独身に戻った人を含め、独身者全般に対して使われるようになる。ただし、独身貴族はあくまで独身者を羨む(または揶揄する)言葉であり、病など当人の意思では解決出来ない事情で結婚出来ない人、親の介護など当人以外の問題が原因で生活に余裕のない人は独身であっても独身貴族に含まれない。

スポンサードリンク

『独身貴族』の関連語