授かり婚(さずかりこん)の意味・関連語を解説。

授かり婚

授かり婚とは、子供を授かった後にする結婚のこと。

【年代】2005年   【種類】 -

 

『授かり婚』の解説

授かり婚とは子供を先に授かった状態でする結婚のことで、実質的には妊娠したことが引き金でする結婚である場合が多い。1990年代に『できちゃった婚』という同義語が普及。増加傾向にある『できちゃった婚』に対し、結婚産業が「できちゃった」というマイナスイメージを払拭するために考えた言い換えが授かり婚である。一般にはあまり普及していないが「ママ」と「マリッジ」を合成した『ママリッジ』という言葉も業界では使われている。

スポンサードリンク

『授かり婚』の関連語

オススメ情報