クリスマスケーキ(くりすますけーき)の意味・関連語を解説。

クリスマスケーキ

Kurisumasu Kêki

クリスマスケーキとは、25歳を過ぎ、男性の理想・条件を下げる女性のこと。

【年代】 1983年  【種類】 -

 

『クリスマスケーキ』の解説

クリスマスケーキはクリスマス当日の25日を過ぎると安い値段でさばかれる。また、適齢期を過ぎても結婚出来ずにいる女性のことを「売れ残り」という。ここから、24歳までは男性に対し、結婚のための条件をいろいろつけていたが、25歳を過ぎて条件を下げる(=自分を値引きする)女性をクリスマスケーキという。ただし、結婚適齢期が高くなるとともにこの意味では使われなくなり、現在、死語となっている。

スポンサードリンク

『クリスマスケーキ』の関連語

オススメ情報