デカ(でか)の意味・関連語を解説。

デカ

デカとは、刑事・警官のこと。

【年代】 明治時代~   【種類】 不良・ヤクザ用語

 

『デカ』の解説

デカとは刑事巡査・警官という意味で明治時代から使われる言葉である。デカと呼ぶようになる理由は諸説あるが、いずれも和服の一種「角袖(かくそで:本来、着物の袖の形状を意味するが、多くは防寒・防雨用の和装コートを指す)」からきている。当時、制服を着用せず、角袖など和服を着ていた刑事を「角袖」「角袖巡査」と呼んでいた。ここから角袖(かくそで)をひっくり返し、略したデカと呼ぶようになる。このため、現在もデカは私服刑事に使われ、制服を着用した警官に使われることは少ない。デカは当初、犯罪者が使った隠語であったが、後に不良少年または小説・映画などから一般にも普及。「刑事」と書いてデカと読ませる作品も多い。

スポンサードリンク

『デカ』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク