チクる(ちくる)チクルの意味・関連語を解説。

チクる

チクるとは、告げ口や密告をすること。

【年代】 1979年  【種類】 不良・ヤクザ用語

 

『チクる』の解説

チクるとは告げ口や密告をすることで、ちっくるともいう。「ちく」が「口(くち)」の倒語でチクるというようになったというもの、また「ちくりと言う」の「ちくり」が変化したものという説がある。当初、チクるはツッパリブームの不良少年など若者の間で普及した言葉であったため、先生や先輩、親などへ告げ口をするという軽い意味合いであった。しかし、当時の若者が社会人になってからも使用。上司や警察、報道機関などへ密告するという意味合いでも使われるようになる。また、若者の間では名詞形の『チクリ』という形でも使われる。

スポンサードリンク

『チクる』の関連語

オススメ情報



オールガイドリンク