盗人猛々しい(ぬすっとたけだけしい)の意味・関連語を解説。

盗人猛々しい

盗人猛々しいとは、盗みをしながら平然としている態度を罵る言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 合成語

 

『盗人猛々しい』の解説

盗人猛々しいとは『盗人』と『猛々しい』から成る合成語で盗みや悪事をしながら平然としていたり、それを咎め(とがめ)られると開き直ったりする者を罵る、江戸時代から使われた言葉である。『猛々しい』とは本来「ひどく勇敢である」や「いかにも強い」という意味だったが、ここから「図太い」という意味を持ち、更に盗人猛々しいに使われる「図々しい」という意味を持った。また、盗人猛々しいは『ぬすっとたけだけしい』の他に『ぬすびとたけだけしい』とも読まれる。

スポンサードリンク

『盗人猛々しい』の関連語

オススメ情報