ガサ入れ(がさいれ)の意味・関連語を解説。

ガサ入れ

ガサ入れとは、家宅捜索のこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『ガサ入れ』の解説

ガサ入れとは「捜す(さがす)」の倒語(註参照)と「入れ」を組み合わせた言葉で、犯人や刑事事件解決のための証拠物品を見つけるため、検察官・司法警察職員が住居など建物・敷地に立ち入ってさがし求めることをいう(=正式には家宅捜索)。また、刑事事件以外に、一般の会話の中で使われることもある。例えば、浮気を疑う妻が夫の携帯電話やパソコンデータをチェックすることを、家宅捜索に例えてガサ入れとよぶなど。

註)倒語とは前後をひっくり返した言葉で、業界用語などによく見られる。「美味い」を「まいうー」、「ハワイ」を「ワイハー」といったものがこれにあたる。

スポンサードリンク

『ガサ入れ』の関連語

オススメ情報