昼食難民(ちゅうしょくなんみん)の意味・関連語を解説。

昼食難民

昼食難民とは、オフィス街で昼休憩に食事にありつけない状態のこと。

【年代】 1991年  【種類】 -

 

『昼食難民』の解説

オフィス街では昼休憩時(主に12~13時)、一斉に大勢の人が飲食店に駆け込み、一時的に飲食店の数と客数の需給バランスが崩れる。昼食難民とはこうした状況により、昼休憩の間にランチをとれなかった人や出遅れて店の行列に並ぶ人たちを指す(ランチ難民ともいう)。時間帯をずらしたり、弁当を持参するといった回避策をとる人も増えている他、これを逆手にとった車による移動型の飲食店・弁当販売で成功している人もいる。

スポンサードリンク

『昼食難民』の関連語

オススメ情報