北山(きたやま)の意味・関連語を解説。

北山

Kitayama

北山とは、空腹になってきたこと。

【年代】 -   【種類】 -

 

『北山』の解説

「お腹が減ってきた(=空腹になってきた)」と言うのを、芸人の楽屋言葉で「腹が来た」と略したものが使われた。この“来た”を“北”にし、人名っぽくしたものが北山である(なぜ、北腹や北原のように“はら”でなく、“やま”になったのかは不明)。北山だけでもお腹が減ってきたという意味になるが、実際の会話では「腹が北山」というように用いられることが多い。北山の他に『北野天満宮』という言い回しもある。

スポンサードリンク

『北山』の関連語

オススメ情報