大人食い(おとなぐい)の意味・関連語を解説。

大人食い

大人食いとは、子供の頃はある一定量しか食べられなかったものを、大人になり、思う存分食べること。

【年代】 2006年   【種類】 -

 

『大人食い』の解説

大人食いとは大人買い(下記関連語参照)の派生語で、子供の頃、親の躾け(命令)や金銭的な問題から、ある一定量までしか食べられなかったものを、大人になり、好きなだけ食べることをいう。
2009年、アイシェアが20代~50代の男女449人を対象に行った大人食いに関するネットリサーチでは、子供の頃、思いっきり食べたかったものがあると答えた283人のうち、53.4%が大人食いをしたことがあると答え、40代に限定すると61.1%の人が経験があると答えた。大人食いしたいものとして、1位がケーキ、2位がアイスクリーム、3位が寿司となっている。

スポンサードリンク

『大人食い』の関連語

オススメ情報